行き詰まるということは・・・

今私が中国語の勉強に行き詰っているということは、それだけ学習に対して意欲があることなのだと考えました。なかなか上達しないことに歯軋りしたり、焦ったりすることもやはりもっともっとできるようになりたいと思う気持ちがあるからであって、もうどうでもよいと考えるならば、これほど悩むことも無いはずです。悩んで試行錯誤、暗中模索、しているうちは自分なりに頑張ろうと言う気持ちがあるからこそなのですね。
そういう意味では中国語の勉強を、ライフワークとしたいという気持ちは本物かもしれません。
今までガーデニング、野菜作り、パッチワーク、袋物、小物作り、ビーズなどやりたいことを夢中でやり、ある程度自分の中で納得のゆくものになったとき、また次の新しいものに挑戦したくなる私でしたが、今度の中国語は納得できるところに行き着くのはいつのことかわかりません。それだからこそ生涯学習として語学を選んだことは正解だったような気もします。
せめて日常会話が話せるようになり、旅行に行く事ができ、自分の語学の力を試すことができる日が来ることを夢みて頑張りたい!!
[PR]
by zaomiao-s | 2007-09-21 12:41 | 汉语